腫れぼったく見えるまぶたの治療

 

腫れぼったく見えるまぶた 目次

  1. 腫れぼったく見えるまぶたの症例
  2. まぶたが腫れぼったく見える原因は
  3. 上眼瞼リフトとROOF 切除
  4. 上眼瞼リフトとROOF切除の術後経過

腫れぼったく見えるまぶたの症例

♥ 症例 1
 
ROOF の脂肪が厚い典型症例A 術前
術前

ROOF の脂肪が厚い典型症例A 術前
術後
 
 
 
♥ 症例 2
 
ROOF の脂肪が厚い典型症例A 術前
術前

ROOF の脂肪が厚い典型症例A 術前
術後

まぶたが腫れぼったく見える原因は

① 二重が狭すぎて、奥二重の目

② まぶたの奥の(眼窩脂肪)と呼ばれる脂肪が多い

③ まぶたから眉骨の上に広がるROOFと呼ばれる皮下脂肪が厚い

④ まぶたの皮膚自体が厚い

今回提示した2人の症例はROOF の脂肪が厚い典型例です。

通常の脱脂術では②の眼窩脂肪だけしかとることができません。ROOF を取り除くためには皮膚を大きく切開する必要があります。

埋没法と併せて行う脱脂手術ではROOFは取れません。全切開法なら、ROOF を切り取ることができます。

しかし、全切開法には一つ問題があります。

④の皮膚が厚い症例では、全切開や埋没法で二重を広くするとますます厚ぼったくなるので注意が必要です。

症例2の上まぶたの皮膚をみてみると、毛穴が目立ち皮脂腺が発達しているのがわかります。

こういった肌は皮膚自体が分厚いので、二重を広く作り替える全切開術を行いますとますます二重が厚ぼったくなります。

眼瞼下垂の手術をしますと、さらに分厚くなるので、好ましくありません。

上眼瞼リフトとROOF 切除

上眼瞼リフトの皮膚切開範囲

上眼瞼リフトでは眉毛の下側に沿って皮膚を切開します。その真下にROOFは存在していますので、切除が簡単に行えます。

それに比べて、全切開法では傷口の奥をのぞき込むようにしてROOFを切除しなければなりません。

眉間の縦じわが気になる症例では、眉間にしわをよせる筋肉を切り取ることも直接みながら確実に行えます。

上眼瞼リフトとROOF切除の術後経過

術前
術前

1週間後
1週間後

3週間後
3週間後

4ヵ月後
4ヵ月後

上眼瞼リフトの術後は、手術当日のよるから翌朝にかけてまぶた全体に強い腫れが起こります。

この腫れは1週間ほどで落ち着きます。二重を新たに作るわけではありませんので、まぶたのむくみは長く続きません。

▲目次にもどる